2016年03月22日

就寝、執筆、ときどき転職活動

 在宅ライターは企業に勤める訳ではないので、時給や月給のように時間に対して給料が発生するシステムではありません。ベンチャー業界の転職のようなもんなんですかね。基本的には歩合制で一記事、または一文字に対して給料が発生します。企業によって貰える額はまちまちですが、かなりの速筆で多くの企業から依頼を受けている人でもないと月十万も稼げません。
 そもそも、よっぽど名前の売れているライターでもない限り、企業の方から依頼がくるということもありません。自分から企業に連絡して、依頼を貰えないかどうか連絡する他ないのです。私の場合は七社に応募し、その内四の社から依頼を頂きました。駆け出しの在宅ライターですので記事の数は少なく、一記事辺りの給料も雀の涙ほどです。その割に納期は厳しく、一社は納期を示さなかったものの他の企業は三日、または一週間以内と納期を指定してきました。
 これらの納期を守るのは大変です。今までの生活バランスが大きく変わり、寝ている時以外はパソコンで記事の執筆をしています。転職活動は限りなく減って、面接の予約を取り付けるのも二週間に一度といった具合になりました。
 まさに本末転倒です。これはいかんとは思っても物書きの仕事をするのはやり甲斐もあり、辛くも楽しいものです。気付いたら十二月のほとんどは在宅ライターをやっていました。

2016年01月22日

看護師の嫁だとすれ違い生活でストレスが溜まるかも

結婚をすると自由が一気になくなってしまうと言われています。
札幌に住む看護師である私もそう思います。
男性だと結婚をしても短期的にはあまりメリットがないかもしれません。
お財布を握られることで自由に使えるお金が少なくなったり、家にいても自分の好きなことができなくなることもあるでしょう。
僕は結婚していないですけど、1人っ子で子供のころから好きなように過ごしています。
だから結婚して自由な時間が減るとなると、精神的にもつらいものがあるのかなと思っています。

とはいえ、結婚してから奥さんの帰りが遅い、すれ違い生活というのもよくはないでしょう。
看護師と結婚をするとこのようなケースも多いそうです。
結婚や出産を気に、楽な勤務体制の病院に転職するケースもあるでしょうが、交代勤務など激務な看護師さんも多いですからね。
奥さんが家にいないというのも、たまには嬉しいかもしれませんが、それがしょっちゅうというのは嫌ですよね。

まあ、何にしても結婚をする前にはこのようなことをきちんと把握しておかないといけないものなのでしょうね。
結婚前の約束と違うなんてことになれば、それこそ不満やストレスが溜まりますからね。
結婚生活というのも大変そうですが、幸せな家庭を築くことができればいいなと思います。


2015年12月14日

子供のうつ病

うつ病って子供でもかかってしまう病気なんだね。
私は看護師の仕事をしていた頃うつ病ってちょっと私には理解出来ない病気だったんだよね。
こんなこと言うと看護師のくせにって言われてしまうかもしれないけど。
どうしても理解出来ない部分があった…。
だけど自分が実際この病気になってみて初めて理解出来たかもしれません。
そして子供にとってもこのうつ病がとても深刻な問題であることも気づいたんですよね。
知り合いの子供が定期的に笑顔を失っている…ずっと何か心に秘めたものがあるのかなって思っていたんだけど今ならわかる。
うつ病です。
子供のうつ病ってついつい見逃してしまう親は多いと思います。
だけどしっかり子供を見つめて何かしらの変化が見られたら絶対に病院を受診することを強く私はすすめたいっ。

2015年10月24日

看護師のほかに…

うつ病なんてなる人はほんの一握りの人たちだけだと思っていた私。
看護師の仕事をしながらうつ病の患者さんってなんとなく苦手だったような気がします。
そんな自分がうつ病になっちゃうんだから笑えるよね。
だけど自分がそんな風に思っていた病気になってしまったことで患者さんの気持ちってすごくよくわかるようになった。
今更わかっても遅いのかもしれないけどね。
もう二度と職場復帰なんて出来ないのかもしれない。
だけどもしもそうなってしまったとしても私には大きな夢が出来ています。
医療に関係のない仕事はしたくない。
もしも看護師に戻れないんだったら同じような病気を抱えている人のケアが出来る仕事がしたいって思ってます。
まぁそれが本当に実現できるかどうかはわからないけどね。

2015年04月03日

時間が解決してくれるもの

うつ病と言う病気について看護師なんだから…と色々詳しいつもりでいた私。
だけどやっぱり病気って自分でなってみないと判らない部分ってあるんだよね。
もちろん病気そのものについては医療関係者で勉強していれば知識は身についている。
だけど患者側の気持ちやいろんな部分についてはやっぱり立場が逆だとわからないものなんだね…。
自分がなってみて初めて気づかされる部分の多さに正直ビックリしてます。
だけどこの経験がこの先きっと私にとってプラスになってくれるんじゃないかなって少しずつ前向きな気持ちになってきました。
最初はもう私の将来は終わってしまった…なんて勝手に悲観的になっていたんだけどね…。
やっぱりどんなことでも時が少しずつ解決してくれるものなのかもしれないね。

2014年12月26日

うつ病ってこんなに大変?

うつ病ってこんなに大変な病気だったんだね…。
看護師として患者さんと接していたころにはそこまで考えたことが正直ありませんでした。
自分が患者という立場になってからはじめてその本当の辛さを理解することが出来た。
そして今、必死にもがいている自分がいるんだよね。
何とかしてこの病気に勝ってまたあの場所で働きたい。
そんな風に思う日もあれば仕事なんてどうでもいい…そんな投げやりな気持ちになる日もある。
これもうつ病っていう病気のせいなのかな。
いずれにせよ今はとにかく病気との闘いに勝つことが私の仕事。
その後またそれからのことを考えていけばいいよね。
残念ながら今の私にはそれ以外のことは出来そうにありません。
まずはゆっくりと自分を見つめなおしていきたいな…。

2014年11月11日

うつ病のこわさ…

うつ病になってしまった患者さんを担当したことが何度もある私。
うつ病なんてやっぱり心が弱いんだ…なんて思っていたこともあったんだけど実際自分が患ってしまって看護師の仕事を続けられなくなってから初めてどれだけ大変な病気なのかって理解することが出来ました。
口では上手く説明できないけど実際に自分が同じようになってみないと本当にはその人の苦しみがわからないものだよね。
私はもしかしたらもう二度と看護師の仕事はできないかもしれない。
それでも希望は捨ててません。
幸い今のところ私の症状はそこまで重症ではないみたいだからまずはしっかりとこの病気と向き合って自分の心を治さないとね…。
だけど不思議なんだよね、どうして私がうつ病になんてなってしまったんだろう…。
これもまたきっと、患者さんはみんな思うことなんだろうね、どうして私が…って。

2014年10月03日

メンタル面の必要性

メンタルケアの大切さが最近になってすごくよくわかるようになってきた私。
今まで看護師として働いている時は気づかない部分があったけど自分が患者という立場になるといかに看護師の対応が大切なのかって少しずつわかるようになったんだよね。
そして今までの私の仕事の態度が反省すべき点がたくさんあることにも気づくことになった…。
そういう意味ではこの病気になってよかったのかもしれないね。
ちょっと高飛車的な態度をとっていたことのある自分の仕事に改めて気づくことが出来てこれからの自分のためになったんじゃないかな…。
とにかく今はこの病気をなんとか克服してまた働けるようになりたいと願うだけ。
そのために今は少しの間休息期間です。
私にはこの時間が必要だったのかもしれないね。

2014年08月23日

うつ病とのお付き合い

うつ病に苦しむ人が自ら自分の命を絶ってしまう…というニュースをたまに耳にすることがあります。
つい最近も誰だったかそんな報道がされていたような。
私は今のところ病気を治してもう一度看護師の仕事に就きたいっていう目標があるからがんばっていられるけど何かしらの目標がないとなかなか精神的に難しいことなのかもしれませんね。
もちろん私も絶対に看護師の仕事に戻れるなんて思っているわけじゃないんだよね。
だけど自分に何か目標を与えていないとやっぱり心が壊れてしまいそうだから…。
何か目標を持つことで少しでも前向きな気持ちでいられればいいなって思ってるんだよね。
自分自身に負けずに進んで生きたいっていまのところは思えています。

2014年06月27日

焦りは後退のもと!

なんだかとっても久しぶりの更新になっちゃいました。
毎日がんばろうって気持ちだけはあるんだけど体がなかなかついてきてはくれません。
看護師の仕事をしていた頃はそんなことなかったんだけどあまりにもあせって走りすぎちゃったのかな…。
人間どんなことでも真剣に取り組む気持ちは大切だけどあせりすぎるとかえって逆効果になるってことがあるんだよね。
最初のうちはそんなことに気づかないで…というか気づかないふりして進んでしまうんだけどね…。
私も一生懸命がんばってきたんだけどがんばりすぎた結果、今の自分がいる。
そのことをしっかり受止めて今後を考えていかなきゃいけないな…。
どんなにがんばっても自分の体がついていかなくなってしまったら何にもならないもんね。
まずは単発のバイトからでも始めようかな・・・。
健診の看護師求人とかならできそう・・・。
よし明日応募しよう!