« うつ病患者として… | メイン | 自分の病 »

患者の気持ちになれた私

うつ病という病に冒されてしまって病院を辞めなきゃいけなかった私。
看護師として一生懸命働いてきた結果がこれだなんて正直悲しいよね。
まだまだ現役復帰をあきらめたわけではないんだけどちょっと落ち込み度合いが今高いかな…。
うつ病ってどんな時にどんな風に発症しやすいとかっていうのあるのかな?
どちらかというと私はものすごく勝気な性格だしこんな病気になるなんてうそでしょ?って感じなんだよね。もちろん周囲のみんなも思いっきりビックリ。
でも人の励ましやがんばれって声は一番聞きたくない言葉。自分がなってみて初めて患者さんの気持ちがわかった気がします。
いつか復帰できる時が来たら今までよりも患者さんに寄り添った考え方が出来るかもしれません。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.minik-peri.org/mt3/mt-tb.cgi/16

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

About

2012年09月01日 03:16に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「うつ病患者として…」です。

次の投稿は「自分の病」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.38