« 看護師の仕事にいつか戻る | メイン | 看護師の病気、なんとかなるさ。 »

看護師ではわからない患者の気持ち

うつ病の辛さ…今までは所詮他人事だったからいくら看護師の仕事をしていても
患者さんに対する気持ちはどこかよそよそしい、他人事だからっていう気持ちが表に出ていたと思います。
だけど自分が同じ病におかされてしまって…今は患者さんの気持ちが本当によくわかるようになりました。
患者さんが看護師にどんなことを求めているか、どんなことを不安に思っているか…実際に自分が患者の身になると見えてくるものがたくさんあります。
大病をしたことのある看護師とそうでない看護師ではやっぱりこういうところで違いがでてくるのかもしれないな…なんて最近は思います。
この病気を克服できたらきっと今までよりずっとずっといい看護師になれるんじゃないかな。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.minik-peri.org/mt3/mt-tb.cgi/21

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

About

2013年05月20日 12:47に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「看護師の仕事にいつか戻る」です。

次の投稿は「看護師の病気、なんとかなるさ。」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.38