« 食べて・祈って | メイン | 時差ボケ解消法 »

薬剤師の友人と船に乗って旅に出た

もうね、休みを合わせるのが大変でした。薬剤師の友人との船旅は素晴らしい思い出を作ることが出来ました。見渡す限りの大海原を見ながら交わした会話は私の脳を揺さぶるほどの衝撃を受けることになりました。薬剤師の友人との船旅は色々なことを感じさせる結果となったのです。友人は普段は寡黙な人です。薬剤師といういかにもカタいイメージがある職業ですからそういう性格を演出しているのだろうと感じていました。

ところがプライベートでも寡黙なところは変わることはありませんでした。そういった部分がとても好感を持てる結果になったんですけどね。私たちは船で離島目指すことになりました。旅というものがとても好きなので、こういった道を選ぶことになったのですが、薬剤師の友人は船に乗ることが好きみたいです。どこか違う世界を目指す昔の人のような感覚になるからだそうです。

最近は飛行機で気軽に短時間でどこへでも行くことができますよね。これはこれで需要はおてもあると思います。ですが、旅をしているという気持ちにさせてくれるのは何と言っても、船ですよね。ここは旅として外すことができない行動方法であると考えているようです。そうした話を船の上で聞くことができました。これって他では体験できない贅沢ですよね!

そんな薬剤師の友人は、薬剤師を辞めたいと悩んでいました。私は話を聞くことくらいしかできないのですが...悩みがなくなるといいなぁと思います。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.minik-peri.org/mt3/mt-tb.cgi/51

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

About

2017年02月27日 11:12に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「食べて・祈って」です。

次の投稿は「時差ボケ解消法」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.38